青髭を脱毛

ひげ脱毛倶楽部|費用・人気を徹底比較!

MENU

青ひげの正体は…?

青ひげってどのような状態なのかご存知ですか?
ひげを剃った後、しばらく経って生え始めた状態、または、ひげの剃り残しだと思っている人も多いようですが、青ひげとは、ひげを剃った後、皮膚の下に残っているひげのことを指します。

電気シェーバーやカミソリでは、皮膚表面に出ているひげしか剃ることができず、皮膚直下のひげはどうしても残ってしまいます。
また、皮膚は光を当てると少し透けたように見えます。
このようなことが相まって、剃っているのに生えているように見え、皮膚に光が当たって透けるがゆえに、色も青っぽく見えるという「青ひげ」の状態になるのです。

青ひげを解消したい!

青ひげにならないようにしたいという思いで、できるだけ皮膚直下のひげを剃ろうという人もいるようですが、深剃りするようなことにならないようにしてください。
深く剃ろうとするとそれだけ皮膚を傷つけてしまうことになってしまします。
ここでは青ひげ解消におすすめの方法をご紹介します。

ローションやクリームで解消する

市販されている抑毛効果のあるローションやクリームの使用は、簡単で気軽に始めることができます。
続けて使用していると、濃くて太かったひげがだんだんと薄く細くなっていき、目立たなくなっていきます。
手軽で痛みも伴わない点がとても良いのですが、効果が現れるまでには数か月かかることになります.

即効性を求める人には向きませんが、痛みに弱い人や根気よく継続できる人にはおすすめです。

日焼けすることで解消する

日焼けで解消?と思われるでしょうが、皮膚の色が濃い人よりも薄い人の方が青ひげが目立つと言われています。
剃り残しもなくきちんと剃っていても、皮膚の色が薄いがために皮膚直下に潜むひげが透けて見えてしまっているのです。
ですから、日焼けをして皮膚の色を濃くすれば、そのひげが目立たなくなってくるということです。

季節が夏であれば、屋外でのレジャーを楽しむことにより自然に日焼けすることができ、手間がかかりません。
ただし、寒くなってくると太陽の光による日焼けは困難になるので、日焼けサロンに通うなどの対策が必要となります。

脱毛して解消する

最近では男性向けの脱毛メニューを備えている脱毛サロンや美容外科などのクリニックがあり、利用者も増加しているようです。
青ひげのような皮膚の下にあるひげを処理しようと思ったら、毛根にダメージを与えて脱毛するという方法が一番です。

個人差がありますが、5回程度の施術で効果が現れ始めて、つるつるときれいになるには10回前後受けるようになるようです。
費用の面では最も高額になり、脱毛完了までには期間もかかりますが、青ひげ解消には最も効果があると言えます。